「エージェント:ライアン」の映画評価

「エージェント:ライアン」はトム・クランシーの作品に登場する人物で、トム・クランシーの作品では映画にもなった「レッド・オクトーバーを追え」や「パトリオット・ゲーム(映画タイトル)」などの作人に登場する人物でもあります。

そんな「エージェント:ライアン」の映画評価を100点満点でどれくらいか、各評価をまずは見ていきましょう。

60点以上(評価 3.3 / 5) 評価サイト:映画.com
70点以上(評価 3.6 / 5) 評価サイト:amazon
60点以上(評価 3.13 / 5) 評価サイト:Yahoo!映画
60点以上(評価 3 / 5) 評価サイト:映画-Movie Walker
60点以上(評価 3.2 / 5) 評価サイト:映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ

60点後半から70点前半の評価が多いようです。映画はスピード感がある点が評価を受けていますが、スパイ映画やアクション映画のような派手さが少ないイメージのようです。

「エージェント:ライアン」のあらすじ


「エージェント:ライアン」はアメリカ人作家トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズを実写化したサスペンスアクション映画です。

通算5作目となる本作ですが主演はクリス・パインは4代目のジャック・ライアン役となります。

歴代の「エージェント:ライアン」

  • 第1作 「レッド・オクトーバーを追え!」(1990年公開)アレック・ボールドウィン主演
  • 第2作 「パトリオット・ゲーム」(1992年公開)ハリソン・フォード主演
  • 第3作 「今そこにある危機」(1994年公開)ハリソン・フォード主演
  • 第4作 「トータル・フィアーズ」(2002年公開)ベン・アフレック主演
  • 第5作 「エージェント:ライアン」(2014年公開)クリス・パイン主演
あらすじ

ロンドンの大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに在学していたジャック・ライアンはアメリカ海兵隊に入隊した。

ヘリコプターの撃墜によって脊椎を損傷したライアンだったが、療養中に後の妻となる医学生キャシー・ミュラー出会い、CIAのトマス・ハーパー(ケヴィン・コスナー)にも出会いCIAで働くことを打診される。

事故から10年後、ライアンはミュラーと結婚しアメリカ投資銀行員という表向きの顔を持ったCIA情報分析アナリストとなっていた。

ある日、モスクワの投資会社チェレヴィン・グループの不審な動きをキャッチしたライアンは、ロシアの億万長者ヴィクトル・チェレヴィンの口座にアクセスできなくなったことに気付く。

CIAの上司ハーパーに調査を命じられたライアンは、チェレヴィンへの監査を装ってモスクワへと向かったが、到着するなり仲間のボディーガードにライアンは命を狙われます。

ライアンは組織を調べるうちに、チェレヴィンはアメリカでテロを起こした直後に大量の米国債を売ってドルの暴落とアメリカ経済の崩壊を企んでいることに気付きました。

テロの攻撃対象をウォール街と突き止めたライアンはテロリスト達を追い詰め、チェレヴィンの息子アレクサンドルは爆死、チェレヴィンは仲間に処刑されるといる結末を迎えテロからアメリカ合衆国を守ることが出来ました。

天才的情報分析力で世界規模のテロリストに挑む若きジャックの活躍に注目。
日本公開版は池上彰が字幕監修を担当しています。