スパイアクション映画の見どころ

スパイ映画といえば、「ミッション・イン・ポッシブル」や「007」、「ボーン」シリーズなど、続編が数作に渡って製作されることも少なくない、人気の映画ジャンルです。
その見どころは多岐に渡りますが、やはり一番の魅力はアクションシーンの迫力と、謎解きの要素にあるのではないでしょうか。
スパイ映画と言えばアクションは付き物。一見、ごく普通スーツを着たサラリーマンかと思えば、その下には様々な仕掛けを施したスパイ専用グッズを身に付けていて、潜入先の企業で華麗に機密情報を持ち去る。そんなシーンは、観ているこちらもハラハラしてしまいますよね。逆に、幾重にも施された防犯センサーを巧みに避け、目当ての物を手にした瞬間、警報装置が作動!なんてことになれば、観客の視線は釘付けですし、心拍数も一気に跳ね上がります。そして、困難の末手に入れた情報を読み解けば、その先にはまた新たな謎や敵が待ち構えている…、というのもお決まりのパターンではありますが、観客を非常に上手く作品へと引き込む鍵のような要素も魅力のひとつですよね。
昨今、謎解きを主体とした体験型のアトラクションも全国各地で行われていますが、それらはあくまでゲームですから、命の危険が伴う、なんてことは決してありません。しかし、映画の中の彼らは違います。切る線を一本間違えれば爆弾が爆発。はたまた、逃げ遅れれば敵に捕まり一巻の終わり…なんていう結末も存在する世界で死線を掻い潜る姿は、やはり観ているものを圧倒する力を持っています。
また、ラストに近づくにつれ明らかになる黒幕の正体が、意外な人物や身近なキャラクターだった、という展開にも驚かされることがありますよね。こういった展開を全て想像しきれてしまうような作品は、まずないでしょう。もしあるとすれば、それは意外性がなく、少々味気ないラストを迎えてしまうかもしれませんね。登場人物と一緒に、黒幕と対し勝利するまでがスパイ映画の見どころとも言えます。
映画の中で、常に死と隣り合わせのようなスパイたちですが、もしかしたら、今あなたの隣に座っている人が、どこかの国の諜報員…!そんな可能性も、スパイ映画を見ると否定しきれなくなってしまいますよね。フィクションだと頭では分かっていても、一般人は決して覗くことの出来ない世界。それがスパイ映画の世界観だとも言えます。そんな、知りたくても知ることのできない、世界の裏側が垣間見られる瞬間も、スパイ映画の魅力化もしれませんね。